最多賜杯更新も 白鵬が理解できない大横綱“引き際の美学”

公開日: 更新日:

 横綱であって、大横綱ではない。改めてそう思い知らされた、横綱白鵬(31)の言い分だった。

 夏場所で37度目の優勝を果たし、自身の持つ最多優勝記録を更新。23日の一夜明け会見にも、ご機嫌な様子で会場に現れた。

 白鵬は「超気持ちいい」と競泳北島のセリフをパクると、聞かれてもいないのに「実は右足の親指をケガしていた」とペラペラ。力士なら多かれ少なかれ、ケガを抱えているもの。稀勢の里も同じ箇所を痛めている。わざわざ口にするほどのことでもない。

 そんな白鵬は、好角家から非難を浴びている右肘のかち上げについても言及。「横綱は勝てなければ引退だから」と、姑息な相撲の理由を勝ちへのこだわりだと話したのだ。横綱は勝って当然、負け越せば引退に追いやられる過酷な地位だ。しかし、勝つことだけが横綱と思っているならば、やはり白鵬は何も分かっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    山口県が2000万円で高級車購入 安倍前首相“お国入り用”か

もっと見る