• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最多賜杯更新も 白鵬が理解できない大横綱“引き際の美学”

 横綱であって、大横綱ではない。改めてそう思い知らされた、横綱白鵬(31)の言い分だった。

 夏場所で37度目の優勝を果たし、自身の持つ最多優勝記録を更新。23日の一夜明け会見にも、ご機嫌な様子で会場に現れた。

 白鵬は「超気持ちいい」と競泳北島のセリフをパクると、聞かれてもいないのに「実は右足の親指をケガしていた」とペラペラ。力士なら多かれ少なかれ、ケガを抱えているもの。稀勢の里も同じ箇所を痛めている。わざわざ口にするほどのことでもない。

 そんな白鵬は、好角家から非難を浴びている右肘のかち上げについても言及。「横綱は勝てなければ引退だから」と、姑息な相撲の理由を勝ちへのこだわりだと話したのだ。横綱は勝って当然、負け越せば引退に追いやられる過酷な地位だ。しかし、勝つことだけが横綱と思っているならば、やはり白鵬は何も分かっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る