また勝てず…西武菊池に球団OB「配球を理解していない」

公開日: 更新日:

 成長の兆しがまるでない。

 21日の日本ハム戦に先発した西武の菊池雄星(24)が、またもや敗戦投手となった。同点の六回、この日スタメン復帰したばかりの陽に勝ち越し2ランを浴びるなど、6回4失点。これで1勝3敗だ。

 菊池はこの日もMAX150キロを計測したように、球界きっての速球派左腕。右打者への内角クロスファイア、キレの良いスライダーなど、ボール一つ一つは一級品だ。にもかかわらず、プロ7年目にして2ケタ勝利は一度もない。13年と昨季の9勝がキャリアハイなのだ。

 田辺監督はそんな菊池を奮起させようと今季の開幕投手に抜擢したが、結果は見ての通り。なぜ、勝てないのか。西武OBの山崎裕之氏(評論家)がこう言う。

「確かにブルペンで投げ込む姿を見れば、『なんで2ケタ勝てないんだ?』と誰もが思うでしょう。しかし、試合ではただ、漠然と投げているだけ。投手の投げるボールは一球一球、意味があるし、つながりや流れがある。それを理解し、組み立てるのが配球術というものです。しかし、菊池はそうした一球の意味合いというものをまったく理解していない。入団からここまで見ていますが、まるで成長していませんからね」

 菊池は試合後、陽の2ランには反省の弁を述べたが、「悲観するほどのボールでもない。辛抱強く投げるだけ」と強気のコメント。ボールは良くても要所で打たれる原因をまるで理解していない。

 頭を切り替えない限り、菊池の2ケタ勝利は永遠になさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る