• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また勝てず…西武菊池に球団OB「配球を理解していない」

 成長の兆しがまるでない。

 21日の日本ハム戦に先発した西武の菊池雄星(24)が、またもや敗戦投手となった。同点の六回、この日スタメン復帰したばかりの陽に勝ち越し2ランを浴びるなど、6回4失点。これで1勝3敗だ。

 菊池はこの日もMAX150キロを計測したように、球界きっての速球派左腕。右打者への内角クロスファイア、キレの良いスライダーなど、ボール一つ一つは一級品だ。にもかかわらず、プロ7年目にして2ケタ勝利は一度もない。13年と昨季の9勝がキャリアハイなのだ。

 田辺監督はそんな菊池を奮起させようと今季の開幕投手に抜擢したが、結果は見ての通り。なぜ、勝てないのか。西武OBの山崎裕之氏(評論家)がこう言う。

「確かにブルペンで投げ込む姿を見れば、『なんで2ケタ勝てないんだ?』と誰もが思うでしょう。しかし、試合ではただ、漠然と投げているだけ。投手の投げるボールは一球一球、意味があるし、つながりや流れがある。それを理解し、組み立てるのが配球術というものです。しかし、菊池はそうした一球の意味合いというものをまったく理解していない。入団からここまで見ていますが、まるで成長していませんからね」

 菊池は試合後、陽の2ランには反省の弁を述べたが、「悲観するほどのボールでもない。辛抱強く投げるだけ」と強気のコメント。ボールは良くても要所で打たれる原因をまるで理解していない。

 頭を切り替えない限り、菊池の2ケタ勝利は永遠になさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る