日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三好徹
著者のコラム一覧
三好徹作家、ジャーナリスト

本名・河上雄三。1931年東京生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。読売新聞社に入社。66年作家デビュー。67年に「風塵地帯日本推理作家協会賞、68年には「聖少女」で第58回直木賞を受賞する。歴史小説、スパイ小説、推理小説、近代の伝記の政治家、幕末・明治期の伝説小説、ゴルフに関する著作など、幅広いジャンルで活躍中。「チェ・ゲバラ伝」はロングセラー。

ゴルフ界の底辺が薄い

 ゴルフ界の四大トーナメントは、季節順にいうと、春のマスターズ、新緑の全米オープン、夏の全英オープン、初秋の全米プロ(今年はリオ五輪のため7月開催)である。どれがもっとも大切か。その見方はプロによって違ってくる。ただ、世間的には、4試合の中で軽く見られているのは全米プロだろう。理…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事