外国人プロVまるで無視 大手紙が男子ツアーの足引っ張る

公開日:  更新日:

 あまりにも露骨な扱い方だ。

 先週行われた国内男子ツアーは、趙炳旻(26=韓国)が5打差をひっくり返して逆転優勝。日本ツアー初出場初優勝は、2007年の石川遼(24)以来4人目の記録だった。

 ところが月曜日の朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の朝刊はそろって女子大会よりもスペースが小さく、趙の写真も掲載せず。朝日に至っては8行で結果を報じただけ。いくらなんでも8行95文字で大会の面白さを伝えるのは不可能だろう。

「人気者のイ・ボミは別として、男女大会とも外国人プロが優勝したら、各紙とも扱いが小さくなるのはこの世界では“常識”です。仕事が増え、帰りが遅くなるのがイヤだから、あえて外国人プロを応援して、手抜きしようという不届きな担当記者もいるほどです。つまり、名前の知られていない外国人プロの優勝はちゃんと報道する気がないのです」(ゴルフ記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る