• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

外国人プロVまるで無視 大手紙が男子ツアーの足引っ張る

 あまりにも露骨な扱い方だ。

 先週行われた国内男子ツアーは、趙炳旻(26=韓国)が5打差をひっくり返して逆転優勝。日本ツアー初出場初優勝は、2007年の石川遼(24)以来4人目の記録だった。

 ところが月曜日の朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の朝刊はそろって女子大会よりもスペースが小さく、趙の写真も掲載せず。朝日に至っては8行で結果を報じただけ。いくらなんでも8行95文字で大会の面白さを伝えるのは不可能だろう。

「人気者のイ・ボミは別として、男女大会とも外国人プロが優勝したら、各紙とも扱いが小さくなるのはこの世界では“常識”です。仕事が増え、帰りが遅くなるのがイヤだから、あえて外国人プロを応援して、手抜きしようという不届きな担当記者もいるほどです。つまり、名前の知られていない外国人プロの優勝はちゃんと報道する気がないのです」(ゴルフ記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る