外国人プロVまるで無視 大手紙が男子ツアーの足引っ張る

公開日: 更新日:

 あまりにも露骨な扱い方だ。

 先週行われた国内男子ツアーは、趙炳旻(26=韓国)が5打差をひっくり返して逆転優勝。日本ツアー初出場初優勝は、2007年の石川遼(24)以来4人目の記録だった。

 ところが月曜日の朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の朝刊はそろって女子大会よりもスペースが小さく、趙の写真も掲載せず。朝日に至っては8行で結果を報じただけ。いくらなんでも8行95文字で大会の面白さを伝えるのは不可能だろう。

「人気者のイ・ボミは別として、男女大会とも外国人プロが優勝したら、各紙とも扱いが小さくなるのはこの世界では“常識”です。仕事が増え、帰りが遅くなるのがイヤだから、あえて外国人プロを応援して、手抜きしようという不届きな担当記者もいるほどです。つまり、名前の知られていない外国人プロの優勝はちゃんと報道する気がないのです」(ゴルフ記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  7. 7

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る