外国人プロVまるで無視 大手紙が男子ツアーの足引っ張る

公開日:  更新日:

 あまりにも露骨な扱い方だ。

 先週行われた国内男子ツアーは、趙炳旻(26=韓国)が5打差をひっくり返して逆転優勝。日本ツアー初出場初優勝は、2007年の石川遼(24)以来4人目の記録だった。

 ところが月曜日の朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の朝刊はそろって女子大会よりもスペースが小さく、趙の写真も掲載せず。朝日に至っては8行で結果を報じただけ。いくらなんでも8行95文字で大会の面白さを伝えるのは不可能だろう。

「人気者のイ・ボミは別として、男女大会とも外国人プロが優勝したら、各紙とも扱いが小さくなるのはこの世界では“常識”です。仕事が増え、帰りが遅くなるのがイヤだから、あえて外国人プロを応援して、手抜きしようという不届きな担当記者もいるほどです。つまり、名前の知られていない外国人プロの優勝はちゃんと報道する気がないのです」(ゴルフ記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る