なぜ今なのか? 阪神新守護神サッタ―ホワイト獲得の狙い

公開日: 更新日:

「163キロなんて、なかなか打てません」

 阪神の金本監督も完敗を認めざるを得なかった。

 12日の日本ハム戦は163キロのストレートを連発する大谷に、なす術なく敗れた。交流戦はこれで4勝8敗となった阪神はこの日、新守護神候補としてサッターホワイト(29=エンゼルス3A)の獲得を決めた。

 この右腕は今季3Aで18試合に登板し、3勝1敗、防御率1.80。25イニングで22奪三振と三振がとれることに加え、8四死球と制球力も期待されている。

 阪神の抑えは、不振が続いたマテオが右肩関節炎で二軍降格中。先発だった藤川を抑えに回すも安定感を欠いている。代役の補強は必要不可欠ではあるが、それにしても、今季加入した新助っ人は戦力にならない連中ばかりだ。マテオに加え、マートンの代役として獲得したヘイグも打率・231、2本塁打、11打点とからっきしだ。ドリスが中継ぎとして何とか使いモノになっている程度だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る