阪神悩ます“大荒れ”藤川劇場 金本監督も「毎回ヒヤヒヤ」

公開日:  更新日:

 ベンチの金本監督が口を膨らませ、何度も大きく息を吐いた。

 24日のヤクルト戦。2点リードで迎えた八回に送り出した4番手の藤川球児(35)が、荒れに荒れた。先頭打者を二塁エラーで出塁させると、連続四球で無死満塁の大ピンチ。この間、12球を投げて9球がボールだったから、スタンドの阪神ファンも固唾をのんだ。

 迎えるは4番のバレンティン。ここで、開き直ったか藤川球児、バレンティンを空振り三振に切って取ると、続く5番の雄平も4球すべて146キロ超の真っすぐで三飛に仕留めた。俄然、ボルテージが上がるレフトスタンド。が、6番の畠山を迎えて再びボールが荒れ始め、押し出し四球で1点差。代打の武内から三振を奪い、なんとか1失点で切り抜けたものの、金本監督も気が気じゃなかったに違いない。

「毎回ヒヤヒヤ。たまにはすんなり勝ちたい」

 とは、試合後の指揮官。藤川劇場は胃に悪い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る