阪神悩ます“大荒れ”藤川劇場 金本監督も「毎回ヒヤヒヤ」

公開日: 更新日:

 ベンチの金本監督が口を膨らませ、何度も大きく息を吐いた。

 24日のヤクルト戦。2点リードで迎えた八回に送り出した4番手の藤川球児(35)が、荒れに荒れた。先頭打者を二塁エラーで出塁させると、連続四球で無死満塁の大ピンチ。この間、12球を投げて9球がボールだったから、スタンドの阪神ファンも固唾をのんだ。

 迎えるは4番のバレンティン。ここで、開き直ったか藤川球児、バレンティンを空振り三振に切って取ると、続く5番の雄平も4球すべて146キロ超の真っすぐで三飛に仕留めた。俄然、ボルテージが上がるレフトスタンド。が、6番の畠山を迎えて再びボールが荒れ始め、押し出し四球で1点差。代打の武内から三振を奪い、なんとか1失点で切り抜けたものの、金本監督も気が気じゃなかったに違いない。

「毎回ヒヤヒヤ。たまにはすんなり勝ちたい」

 とは、試合後の指揮官。藤川劇場は胃に悪い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

  10. 10

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

もっと見る