阪神悩ます“大荒れ”藤川劇場 金本監督も「毎回ヒヤヒヤ」

公開日: 更新日:

 ベンチの金本監督が口を膨らませ、何度も大きく息を吐いた。

 24日のヤクルト戦。2点リードで迎えた八回に送り出した4番手の藤川球児(35)が、荒れに荒れた。先頭打者を二塁エラーで出塁させると、連続四球で無死満塁の大ピンチ。この間、12球を投げて9球がボールだったから、スタンドの阪神ファンも固唾をのんだ。

 迎えるは4番のバレンティン。ここで、開き直ったか藤川球児、バレンティンを空振り三振に切って取ると、続く5番の雄平も4球すべて146キロ超の真っすぐで三飛に仕留めた。俄然、ボルテージが上がるレフトスタンド。が、6番の畠山を迎えて再びボールが荒れ始め、押し出し四球で1点差。代打の武内から三振を奪い、なんとか1失点で切り抜けたものの、金本監督も気が気じゃなかったに違いない。

「毎回ヒヤヒヤ。たまにはすんなり勝ちたい」

 とは、試合後の指揮官。藤川劇場は胃に悪い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る