投手と野手で違いが プロ野球助っ人“獲得成功の法則”とは

公開日: 更新日:

 プロ野球の助っ人が成功するかどうかは、生まれた国や育った環境も影響しているのかもしれない。

 投手は「白人系」に成功例が多い。先発では今季6勝を挙げ、昨季は最優秀防御率(1.85)のタイトルを獲得したジョンソン(広島)、日本新記録となるデビューから14連勝を飾ったバンデンハーク(ソフトバンク)、リリーフでは通算152セーブのサファテ(同)が筆頭格で、マシソン(巨人)、メッセンジャー(阪神)も息が長い。

 一方の「中南米系」はマテオ(阪神=1勝2敗11セーブ、防3.80)が二軍落ちし、ドリス(阪神)、ペレス(ヤクルト)も不調。8日のヤクルト戦で、三回途中4失点で3敗目を喫したリズ(楽天)もしかりだ。セ球団の渉外担当が言う。

「メジャーでも、先発投手の大半は白人。特に投手は幼少期からアカデミーに入って、足腰を鍛えるところから始めるなど、システマチックに育てていかないと才能だけでは長続きしない。中南米系の投手はスピードはあっても、制球力に苦しんだり、肩ひじを壊したりというケースがある。例えば、キューバでは野手に比べて投手が育たないといわれる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る