日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米OP 昨年のリベンジ狙うD・ジョンソンが暫定トップに

【全米オープン】

 ツアー9勝を挙げながら、メジャータイトルが遠いD・ジョンソンが初制覇に向け、好スタートを切った。

 悪天候のため、2日目に順延となった第1ラウンド。アウト発進から6番パー3で初バーディーを奪い、前半はしぶとくパーセーブを続けてターン。折り返して11番パー4は10メートルの長いバーディーパットを沈める。さらに14番パー4では2打目をピンそば60センチにつけるスーパーショットで着実にスコアを伸ばした。18ホールを終えた時点で3アンダー2位タイ。ドライバー飛距離320.5ヤードのアドバンテージを生かしてパーオン率89%。しかもノーボギーと、タフな会場でしぶといプレーが光っている。

 続いて行われた第2ラウンドは、インスタート。13番でバーディーを決め、この時点で4アンダーとしてトップタイに並び、36ホールでボギーは1つだけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事