錦織“最速”にストレート勝ち 脇腹痛を乗り越え2回戦進出

公開日: 更新日:

「サーブの強い相手に3セットで勝てたのは良かった」――。

 テニスのウィンブルドン選手権は27日(現地時間)、男子シングルス1回戦を行い第5シードで世界ランク6位の錦織圭(26)が同124位のサミュエル・グロート(豪州)を6-4、6-3、7-5で退け、初戦突破を果たした。

 263キロの世界最速サーブ記録保持者のグロートを相手に一歩も引かない。第1セットの第4ゲームでは、3ポイント連取を許してブレークのピンチを迎えながら、相手を翻弄するかのようにサーブで左右に揺さぶると、ネットギリギリのショットなどで逆に5ポイントを連取。力でねじ伏せようと試みる相手に技で対抗し、終始、試合の主導権を握り続けた。

 昨年の同大会では左ふくらはぎ痛で2回戦を棄権。今大会の前哨戦で今季初めての芝のコートとなった今月中旬のゲーリー・ウェーバー・オープン(ドイツ)では左脇腹を痛めて大事を取って2回戦の出場を見送った。大会前に「昨年の二の舞いだけは避けたい」と話していたが、その不安は的中する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る