錦織“最速”にストレート勝ち 脇腹痛を乗り越え2回戦進出

公開日: 更新日:

「サーブの強い相手に3セットで勝てたのは良かった」――。

 テニスのウィンブルドン選手権は27日(現地時間)、男子シングルス1回戦を行い第5シードで世界ランク6位の錦織圭(26)が同124位のサミュエル・グロート(豪州)を6-4、6-3、7-5で退け、初戦突破を果たした。

 263キロの世界最速サーブ記録保持者のグロートを相手に一歩も引かない。第1セットの第4ゲームでは、3ポイント連取を許してブレークのピンチを迎えながら、相手を翻弄するかのようにサーブで左右に揺さぶると、ネットギリギリのショットなどで逆に5ポイントを連取。力でねじ伏せようと試みる相手に技で対抗し、終始、試合の主導権を握り続けた。

 昨年の同大会では左ふくらはぎ痛で2回戦を棄権。今大会の前哨戦で今季初めての芝のコートとなった今月中旬のゲーリー・ウェーバー・オープン(ドイツ)では左脇腹を痛めて大事を取って2回戦の出場を見送った。大会前に「昨年の二の舞いだけは避けたい」と話していたが、その不安は的中する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る