• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織“最速”にストレート勝ち 脇腹痛を乗り越え2回戦進出

「サーブの強い相手に3セットで勝てたのは良かった」――。

 テニスのウィンブルドン選手権は27日(現地時間)、男子シングルス1回戦を行い第5シードで世界ランク6位の錦織圭(26)が同124位のサミュエル・グロート(豪州)を6-4、6-3、7-5で退け、初戦突破を果たした。

 263キロの世界最速サーブ記録保持者のグロートを相手に一歩も引かない。第1セットの第4ゲームでは、3ポイント連取を許してブレークのピンチを迎えながら、相手を翻弄するかのようにサーブで左右に揺さぶると、ネットギリギリのショットなどで逆に5ポイントを連取。力でねじ伏せようと試みる相手に技で対抗し、終始、試合の主導権を握り続けた。

 昨年の同大会では左ふくらはぎ痛で2回戦を棄権。今大会の前哨戦で今季初めての芝のコートとなった今月中旬のゲーリー・ウェーバー・オープン(ドイツ)では左脇腹を痛めて大事を取って2回戦の出場を見送った。大会前に「昨年の二の舞いだけは避けたい」と話していたが、その不安は的中する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る