日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

獲得賞金では拮抗も 錦織と松山に「収入格差」が出る理由

 今月8日、毎年恒例となった米誌「フォーブス」のスポーツ選手の長者番付が発表された。同番付によると、トップはサッカーのクリスティアーノ・ロナウド(31)で8800万ドル(約94億円)、テニスの錦織圭(26)が3350万ドル(約35億8000万円)で前年の92位(1950万ドル=当時約23億円)から急浮上、日本勢最高の29位に入った。

 上位選手に共通するのは、本業以外の莫大なスポンサー収入だ。C・ロナウドはピッチ以外の収入が全収入の約3分の1の3200万ドル(約34億2000万円)、錦織は3000万ドル(約32億円)と約9割を占める。4位のR・フェデラー(34)は獲得賞金780万ドル(約8億3300万円)ながら、本業以外は6000万ドル(64億8000万円)とコート外で稼ぎまくっている。上位10選手のうち、半分以上の6人がスポンサー収入の方が多い。なぜ、スポーツ選手は本業以外でこれほど稼げるようになったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事