錦織いきなり難関 全英初戦は時速263km剛腕サーバー

公開日: 更新日:

 番狂わせもあるかもしれない。

 27日に開幕するテニスのウィンブルドン選手権。世界ランキング6位の錦織圭(26)が1回戦で戦うのが、ビッグサーバーのサミュエル・グロート(28・豪)だ。

 世界ランキングは123位だが、194センチ、98キロの巨体から繰り出されるサーブは圧巻。4年前には世界最速となる時速263キロを記録している。

 錦織は25日の会見で「芝では一番やりたくない相手。鍵はリターン。ストロークはいい選手ではないので、自分の展開に持ち込みたい」と話しているように、舞台となるウィンブルドンは芝のコート。弾道が低く、速いのが特徴だ。サーブを得意とする選手には地の利がある。

 錦織は昨年、ハードコートのシティ・オープンではグロートにストレート勝ちを収めているものの、サーブに苦戦。サービスエースを8本決められ、「今までの相手で一番速いかもしれない。コースが読めないのも何本かあった」と舌を巻いていた。それがいよいよ芝のコートで本領発揮なのだから、格下相手だからといってウカウカしてはいられない。

 13日のゲリー・ウェバー・オープンの初戦で痛めた左脇腹のケガに関しては、「1週間経っているから大丈夫だと思う」と話した錦織。自身初となる大会8強進出のためにも、まずは「柔よく剛を制す」といきたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る