• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織いきなり難関 全英初戦は時速263km剛腕サーバー

 番狂わせもあるかもしれない。

 27日に開幕するテニスのウィンブルドン選手権。世界ランキング6位の錦織圭(26)が1回戦で戦うのが、ビッグサーバーのサミュエル・グロート(28・豪)だ。

 世界ランキングは123位だが、194センチ、98キロの巨体から繰り出されるサーブは圧巻。4年前には世界最速となる時速263キロを記録している。

 錦織は25日の会見で「芝では一番やりたくない相手。鍵はリターン。ストロークはいい選手ではないので、自分の展開に持ち込みたい」と話しているように、舞台となるウィンブルドンは芝のコート。弾道が低く、速いのが特徴だ。サーブを得意とする選手には地の利がある。

 錦織は昨年、ハードコートのシティ・オープンではグロートにストレート勝ちを収めているものの、サーブに苦戦。サービスエースを8本決められ、「今までの相手で一番速いかもしれない。コースが読めないのも何本かあった」と舌を巻いていた。それがいよいよ芝のコートで本領発揮なのだから、格下相手だからといってウカウカしてはいられない。

 13日のゲリー・ウェバー・オープンの初戦で痛めた左脇腹のケガに関しては、「1週間経っているから大丈夫だと思う」と話した錦織。自身初となる大会8強進出のためにも、まずは「柔よく剛を制す」といきたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る