• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「サンウルブズ」ハメットHC退任へ 日本に環境改善訴える

 名将が日本のラグビー界にダメ出しである。

 27日、南半球最高峰のスーパーラグビー(SR)に参戦する日本の「サンウルブズ」の初代ヘッドコーチ(HC)であるマーク・ハメット氏(43)が今季限りでの退任を表明。都内で取材に応じた同HCは「サンウルブズを離れるのは苦渋の決断ではあったが、自分の目標に向かって精進したかった」と今後は母国ニュージーランド(NZ)のSRハイランダーズのアシスタントコーチに就任すると明かした。

 SR参入1年目の今季は、ここまで12戦で1勝10敗1分け。NZでは名コーチと知られるハメットHCは、クラブ単位では世界と格差のある日本の現状について、「まず取り組むべきは環境改善。拠点をつくらなければダメ」と強豪国に比べて見劣りする施設整備を訴えた。

 サンウルブズはプロチームでありながら、専用練習場を持たず、公共グラウンドを借りている。トレーニング設備はプレハブ小屋にマシンを設置しているほど。世界の強豪と戦うプロの施設にしては貧弱さは否めない。

 19年のW杯開催に向けての強化は大丈夫か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る