「サンウルブズ」ハメットHC退任へ 日本に環境改善訴える

公開日: 更新日:

 名将が日本のラグビー界にダメ出しである。

 27日、南半球最高峰のスーパーラグビー(SR)に参戦する日本の「サンウルブズ」の初代ヘッドコーチ(HC)であるマーク・ハメット氏(43)が今季限りでの退任を表明。都内で取材に応じた同HCは「サンウルブズを離れるのは苦渋の決断ではあったが、自分の目標に向かって精進したかった」と今後は母国ニュージーランド(NZ)のSRハイランダーズのアシスタントコーチに就任すると明かした。

 SR参入1年目の今季は、ここまで12戦で1勝10敗1分け。NZでは名コーチと知られるハメットHCは、クラブ単位では世界と格差のある日本の現状について、「まず取り組むべきは環境改善。拠点をつくらなければダメ」と強豪国に比べて見劣りする施設整備を訴えた。

 サンウルブズはプロチームでありながら、専用練習場を持たず、公共グラウンドを借りている。トレーニング設備はプレハブ小屋にマシンを設置しているほど。世界の強豪と戦うプロの施設にしては貧弱さは否めない。

 19年のW杯開催に向けての強化は大丈夫か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る