• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「サンウルブズ」ハメットHC退任へ 日本に環境改善訴える

 名将が日本のラグビー界にダメ出しである。

 27日、南半球最高峰のスーパーラグビー(SR)に参戦する日本の「サンウルブズ」の初代ヘッドコーチ(HC)であるマーク・ハメット氏(43)が今季限りでの退任を表明。都内で取材に応じた同HCは「サンウルブズを離れるのは苦渋の決断ではあったが、自分の目標に向かって精進したかった」と今後は母国ニュージーランド(NZ)のSRハイランダーズのアシスタントコーチに就任すると明かした。

 SR参入1年目の今季は、ここまで12戦で1勝10敗1分け。NZでは名コーチと知られるハメットHCは、クラブ単位では世界と格差のある日本の現状について、「まず取り組むべきは環境改善。拠点をつくらなければダメ」と強豪国に比べて見劣りする施設整備を訴えた。

 サンウルブズはプロチームでありながら、専用練習場を持たず、公共グラウンドを借りている。トレーニング設備はプレハブ小屋にマシンを設置しているほど。世界の強豪と戦うプロの施設にしては貧弱さは否めない。

 19年のW杯開催に向けての強化は大丈夫か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る