ジャージー販売で年俸回収 五郎丸は豪レッズに居場所なし

公開日:  更新日:

 南半球最高峰といわれるスーパーラグビー(SR)のクイーンズランド・レッズが19日にサンウルブズ戦(21日)のスタメンを発表し、日本代表FBの五郎丸歩(30)が先発に名を連ねた。昨年のイングランドW杯日本代表メンバーとの対戦が注目されるが、今回を最後に再び、控えに格下げされる可能性もある。

 レッズはここまで2勝8敗1分けと大きく負け越し。上位8チームによるファイナルシリーズ進出は絶望的とはいえ、首脳陣の思惑からシーズン終了までベストの布陣で臨むという。

 レッズは成績不振を理由に開幕からわずか2戦で解任された前任者に代わって現在はマット・オコナー、ニック・スタイルズの2人が共同でヘッドコーチ(HC)を務めている。残りのシーズンの戦い方、内容次第では揃って首筋が寒くなりかねない。ここにきて股関節を痛めて戦列を離れていた正FBカーマイケル・ハントが復帰。2人の共同HCが、攻守とも五郎丸を上回るパフォーマンスを見せる豪州人FBに残りシーズンを託そうと考えるのは自然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る