ラグビー19年W杯 「日本8強」は11月までの3試合で決まる

公開日: 更新日:

 来年5月に望みは絶たれるか。

 19年の自国開催となるラグビーW杯で、史上初の8強入りを目指す日本代表。昨1日は、昨年W杯後、初の代表戦となる11日(日本時間12日)のカナダ戦(バンクーバー)のメンバー25人が発表された。SH田中史朗(ニュージーランド・ハイランダーズ)ら昨年のW杯代表の他、故障したFB五郎丸歩に代わるプレースキッカーとして松田力也(帝京大)らの若手も名を連ねた。

 カナダ戦以後は、昨年大会で惨敗したスコットランドとの2試合(18、25日=日本)の他、11月には敵地でウェールズとの対戦も組まれている。この3カードは、単なる親善試合という位置づけではない。今年のテストマッチの結果が、19年W杯の明暗を大きく左右するからだ。

 19年大会には、昨年のW杯で1次リーグ各組3位以内に入った12チームの出場が決定(残り8枠は大陸別予選の勝者)。来年5月の組み合わせ抽選は、今年のテストマッチの戦績を基にした世界ランキングによって組分けが行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る