15歳・池江璃花子のリオ五輪決勝進出に「0.55秒の壁」

公開日: 更新日:

 リオ五輪で、メダル量産を目指す競泳日本代表のライバルが揃い始めた。

 強豪の一角である米国の五輪選考会は27日(日本時間28日)、3種目で決勝を行い、女子100メートルバタフライはケルシ・ウォレル(21、ルイビル大学)が56秒48で優勝。ロンドン五輪金メダルのデイナ・ボルマー(28)とともに代表権を手にした。

 ウォレルの優勝タイムは、サラ・シュースレム(22、スウェーデン)の55秒68に次ぐ今季の世界2位。同種目に日本から出場する女子高生スイマー池江璃花子(15、淑徳巣鴨高)は5月のジャパン・オープンで日本新(57秒57)をマークしたが、タイムは今季世界14位と足元にも及ばないのが実情だ。

 リレーも含めて、日本史上最多の7種目にエントリーする池江は個人種目で「日本新、決勝進出」を目標に掲げているものの、現状ではファイナリスト8人に残るかは微妙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る