• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15歳・池江璃花子のリオ五輪決勝進出に「0.55秒の壁」

 リオ五輪で、メダル量産を目指す競泳日本代表のライバルが揃い始めた。

 強豪の一角である米国の五輪選考会は27日(日本時間28日)、3種目で決勝を行い、女子100メートルバタフライはケルシ・ウォレル(21、ルイビル大学)が56秒48で優勝。ロンドン五輪金メダルのデイナ・ボルマー(28)とともに代表権を手にした。

 ウォレルの優勝タイムは、サラ・シュースレム(22、スウェーデン)の55秒68に次ぐ今季の世界2位。同種目に日本から出場する女子高生スイマー池江璃花子(15、淑徳巣鴨高)は5月のジャパン・オープンで日本新(57秒57)をマークしたが、タイムは今季世界14位と足元にも及ばないのが実情だ。

 リレーも含めて、日本史上最多の7種目にエントリーする池江は個人種目で「日本新、決勝進出」を目標に掲げているものの、現状ではファイナリスト8人に残るかは微妙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る