日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15歳・池江璃花子のリオ五輪決勝進出に「0.55秒の壁」

 リオ五輪で、メダル量産を目指す競泳日本代表のライバルが揃い始めた。

 強豪の一角である米国の五輪選考会は27日(日本時間28日)、3種目で決勝を行い、女子100メートルバタフライはケルシ・ウォレル(21、ルイビル大学)が56秒48で優勝。ロンドン五輪金メダルのデイナ・ボルマー(28)とともに代表権を手にした。

 ウォレルの優勝タイムは、サラ・シュースレム(22、スウェーデン)の55秒68に次ぐ今季の世界2位。同種目に日本から出場する女子高生スイマー池江璃花子(15、淑徳巣鴨高)は5月のジャパン・オープンで日本新(57秒57)をマークしたが、タイムは今季世界14位と足元にも及ばないのが実情だ。

 リレーも含めて、日本史上最多の7種目にエントリーする池江は個人種目で「日本新、決勝進出」を目標に掲げているものの、現状ではファイナリスト8人に残るかは微妙だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事