マエケン“試練”の中5日 球審負傷でリズム乱れ勝敗つかず

公開日:  更新日:

 新人右腕が想定外のアクシデントに見舞われた。ドジャース・前田健太(28)が4勝目(3敗)をかけて22日(日本時間23日)のパドレス戦に中5日で登板。5回を4安打4失点、2四死球、5三振。勝敗は付かなかった。

 この日の前田は、これまで以上に緩急を付けた投球で相手打線に的を絞らせなかった。最速148キロの直球にスライダー、カーブを効果的に織り交ぜて四回までに許した走者は死球による1人だけ。テンポも良く、相手打線が早いカウントから手を出したこともあり、気の早いスタンドのファンからは無安打無得点を期待する声も聞こえ始めた。

 予期しない事態が勃発したのは五回の自軍の攻撃中だった。この回、先頭ピーダーソンがセーフティーバントを試みたが、後方へのワンバウンドの打球はライクリー球審の股間を直撃。球審はその場で崩れ落ちて、治療のため試合は中断した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る