• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン“試練”の中5日 球審負傷でリズム乱れ勝敗つかず

 新人右腕が想定外のアクシデントに見舞われた。ドジャース・前田健太(28)が4勝目(3敗)をかけて22日(日本時間23日)のパドレス戦に中5日で登板。5回を4安打4失点、2四死球、5三振。勝敗は付かなかった。

 この日の前田は、これまで以上に緩急を付けた投球で相手打線に的を絞らせなかった。最速148キロの直球にスライダー、カーブを効果的に織り交ぜて四回までに許した走者は死球による1人だけ。テンポも良く、相手打線が早いカウントから手を出したこともあり、気の早いスタンドのファンからは無安打無得点を期待する声も聞こえ始めた。

 予期しない事態が勃発したのは五回の自軍の攻撃中だった。この回、先頭ピーダーソンがセーフティーバントを試みたが、後方へのワンバウンドの打球はライクリー球審の股間を直撃。球審はその場で崩れ落ちて、治療のため試合は中断した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る