マエケン“試練”の中5日 球審負傷でリズム乱れ勝敗つかず

公開日:  更新日:

 新人右腕が想定外のアクシデントに見舞われた。ドジャース・前田健太(28)が4勝目(3敗)をかけて22日(日本時間23日)のパドレス戦に中5日で登板。5回を4安打4失点、2四死球、5三振。勝敗は付かなかった。

 この日の前田は、これまで以上に緩急を付けた投球で相手打線に的を絞らせなかった。最速148キロの直球にスライダー、カーブを効果的に織り交ぜて四回までに許した走者は死球による1人だけ。テンポも良く、相手打線が早いカウントから手を出したこともあり、気の早いスタンドのファンからは無安打無得点を期待する声も聞こえ始めた。

 予期しない事態が勃発したのは五回の自軍の攻撃中だった。この回、先頭ピーダーソンがセーフティーバントを試みたが、後方へのワンバウンドの打球はライクリー球審の股間を直撃。球審はその場で崩れ落ちて、治療のため試合は中断した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る