日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パ投手にできるか ハム大谷打撃失速に交流戦の“内角攻め”

 本格派二刀流を続けている日本ハムの大谷翔平(21)。交流戦では12球団トップタイの3勝無敗、同1位の防御率0.38と活躍したものの、打撃は低空飛行。もっか打率.336、9本塁打、24打点だが、交流戦に限れば29打数8安打、打率.276、1本塁打、4打点だった。

 大谷は試合前のフリー打撃ではポンポンと、打球を面白いようにスタンドに運ぶ。リーグ戦では逆方向に流し打ちでホームランを量産していた。それが交流戦では強引に引っ張り、凡打するケースが目立った。

 その大きな理由はセ投手の内角攻めだ。パの投手にすれば、大谷は同じ投手。仲間意識が働き、死球になるような内角攻めを遠慮していたフシがあった。しかし、普段対戦しないセの投手陣にすれば大谷は同業者というよりも「抑えなくてはいけない強打者」。ただでさえ交流戦でパに苦杯をなめさせられているだけに、内角攻めをためらっている余裕などなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事