パ投手にできるか ハム大谷打撃失速に交流戦の“内角攻め”

公開日: 更新日:

 本格派二刀流を続けている日本ハム大谷翔平(21)。交流戦では12球団トップタイの3勝無敗、同1位の防御率0.38と活躍したものの、打撃は低空飛行。もっか打率.336、9本塁打、24打点だが、交流戦に限れば29打数8安打、打率.276、1本塁打、4打点だった。

 大谷は試合前のフリー打撃ではポンポンと、打球を面白いようにスタンドに運ぶ。リーグ戦では逆方向に流し打ちでホームランを量産していた。それが交流戦では強引に引っ張り、凡打するケースが目立った。

 その大きな理由はセ投手の内角攻めだ。パの投手にすれば、大谷は同じ投手。仲間意識が働き、死球になるような内角攻めを遠慮していたフシがあった。しかし、普段対戦しないセの投手陣にすれば大谷は同業者というよりも「抑えなくてはいけない強打者」。ただでさえ交流戦でパに苦杯をなめさせられているだけに、内角攻めをためらっている余裕などなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る