女子ゴルフ初の辞退者 リオ五輪のコース周辺に大量の蚊が

公開日:  更新日:

 世界ランク1位のJ・デイや同4位のR・マキロイ、松山英樹(同17位)ら、男子のトッププロたちが続々欠場を表明しているリオ五輪のゴルフ。現地6月29日には、米女子ツアー1勝の南アフリカ出身、リーアン・ペース(35)がジカ熱を理由に出場を辞退すると発表した。ゴルフ女子選手の辞退はこれが初である。

 ペースは南アの代表として五輪に出ることを楽しみにしていたそうだが、多くの現地情報を集め、家族と相談して決断を下したという。その決め手になったのは「開催コースの環境」という声がある。

 ブラジルは112年ぶりに五輪に復活するゴルフのために、大西洋に面した自然保護地区にコースを新設した。ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう語る。

「マラペンディの自然保護地域にあるこのコースは、建設前には自然保護団体と随分揉めたようです。そのため、コース周辺には原生林が残っていて、そこにはさまざまな昆虫の他にイグアナやワニ、カピバラなどの動物も生息しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る