女子ゴルフ初の辞退者 リオ五輪のコース周辺に大量の蚊が

公開日:  更新日:

 世界ランク1位のJ・デイや同4位のR・マキロイ、松山英樹(同17位)ら、男子のトッププロたちが続々欠場を表明しているリオ五輪のゴルフ。現地6月29日には、米女子ツアー1勝の南アフリカ出身、リーアン・ペース(35)がジカ熱を理由に出場を辞退すると発表した。ゴルフ女子選手の辞退はこれが初である。

 ペースは南アの代表として五輪に出ることを楽しみにしていたそうだが、多くの現地情報を集め、家族と相談して決断を下したという。その決め手になったのは「開催コースの環境」という声がある。

 ブラジルは112年ぶりに五輪に復活するゴルフのために、大西洋に面した自然保護地区にコースを新設した。ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう語る。

「マラペンディの自然保護地域にあるこのコースは、建設前には自然保護団体と随分揉めたようです。そのため、コース周辺には原生林が残っていて、そこにはさまざまな昆虫の他にイグアナやワニ、カピバラなどの動物も生息しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る