ジカ熱不安のリオ五輪ゴルフ 女子プロ辞退者いないワケ

公開日: 更新日:

 世界ランク7位A・スコット(35=豪州)はじめ、世界のトッププロが相次いでリオ五輪出場辞退を表明する中、ここに来て同3位R・マキロイ(27=北アイルランド)も欠場する可能性が出てきた。現地で流行しているジカ熱の影響を考え、家族の安全を最優先するためだという。

 米国の疾病対策センター(CDC)は先月、妊婦のジカウイルス感染と脳に障害のある赤ちゃんが生まれることに因果関係があると断定。世界150人の専門家たちは先ごろ、WHO(世界保健機関)に開催の延期、あるいは開催地の変更を申し入れる声明を提出。ますます不安が広がるばかりである。

 当然、男子プロよりも女子プロの方が危険性が高いだけに事態は深刻なのかと思ったら、「ジカ熱を理由に辞退を考えている選手はいない」(米女子ツアーのワン会長)というのだ。

 実際、「ゴルフが五輪競技に決まってから、絶対に代表に入ると言い続けてきた」(世界ランク1位L・コ=ニュージーランド)、「リオ五輪は6つ目のメジャー」(同4位B・ヘンダーソン=カナダ)、「金メダルはメジャー勝利よりも大きい」(同5位キム・セヨン=韓国)、「自分の国を代表して戦いたい」(同6位S・ルイス=米国)と、みな気合十分だ。一体、なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る