• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジカ熱不安のリオ五輪ゴルフ 女子プロ辞退者いないワケ

 世界ランク7位A・スコット(35=豪州)はじめ、世界のトッププロが相次いでリオ五輪出場辞退を表明する中、ここに来て同3位R・マキロイ(27=北アイルランド)も欠場する可能性が出てきた。現地で流行しているジカ熱の影響を考え、家族の安全を最優先するためだという。

 米国の疾病対策センター(CDC)は先月、妊婦のジカウイルス感染と脳に障害のある赤ちゃんが生まれることに因果関係があると断定。世界150人の専門家たちは先ごろ、WHO(世界保健機関)に開催の延期、あるいは開催地の変更を申し入れる声明を提出。ますます不安が広がるばかりである。

 当然、男子プロよりも女子プロの方が危険性が高いだけに事態は深刻なのかと思ったら、「ジカ熱を理由に辞退を考えている選手はいない」(米女子ツアーのワン会長)というのだ。

 実際、「ゴルフが五輪競技に決まってから、絶対に代表に入ると言い続けてきた」(世界ランク1位L・コ=ニュージーランド)、「リオ五輪は6つ目のメジャー」(同4位B・ヘンダーソン=カナダ)、「金メダルはメジャー勝利よりも大きい」(同5位キム・セヨン=韓国)、「自分の国を代表して戦いたい」(同6位S・ルイス=米国)と、みな気合十分だ。一体、なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る