ジカ熱不安のリオ五輪ゴルフ 女子プロ辞退者いないワケ

公開日:  更新日:

 世界ランク7位A・スコット(35=豪州)はじめ、世界のトッププロが相次いでリオ五輪出場辞退を表明する中、ここに来て同3位R・マキロイ(27=北アイルランド)も欠場する可能性が出てきた。現地で流行しているジカ熱の影響を考え、家族の安全を最優先するためだという。

 米国の疾病対策センター(CDC)は先月、妊婦のジカウイルス感染と脳に障害のある赤ちゃんが生まれることに因果関係があると断定。世界150人の専門家たちは先ごろ、WHO(世界保健機関)に開催の延期、あるいは開催地の変更を申し入れる声明を提出。ますます不安が広がるばかりである。

 当然、男子プロよりも女子プロの方が危険性が高いだけに事態は深刻なのかと思ったら、「ジカ熱を理由に辞退を考えている選手はいない」(米女子ツアーのワン会長)というのだ。

 実際、「ゴルフが五輪競技に決まってから、絶対に代表に入ると言い続けてきた」(世界ランク1位L・コ=ニュージーランド)、「リオ五輪は6つ目のメジャー」(同4位B・ヘンダーソン=カナダ)、「金メダルはメジャー勝利よりも大きい」(同5位キム・セヨン=韓国)、「自分の国を代表して戦いたい」(同6位S・ルイス=米国)と、みな気合十分だ。一体、なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る