• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジカ熱、治安不安だけじゃない 松山“リオ五輪辞退”の真相

 日本のトッププロが五輪を欠場することになった。

 男子ゴルフの松山英樹(24)が3日(日本時間4日)、代表選出が確実視されていたリオ五輪への出場辞退を表明した。世界選手権シリーズのブリヂストン招待最終日が行われた米オハイオ州アクロンのコースで報道陣に対応した松山は「虫刺されのアレルギーがあり、治安の問題もある。いろいろ考えた中で、難しい決断だった」と現地で流行しているジカ熱、犯罪発生率の高さに懸念を示した。

 松山は虫刺されで痛い目に遭った過去がある。プロ1年目の13年には口元が腫れ上がり、今年6月の「全米オープン」では腕が腫れて患部にテーピングをしてプレーした。

 出場すればメダル取りが有力視されていた松山は「普通にプレーできるのであれば問題ないですけど(現地に)行って腫れてプレーできなくなったら良くないと思いました」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る