ジカ熱、治安不安だけじゃない 松山“リオ五輪辞退”の真相

公開日:  更新日:

 日本のトッププロが五輪を欠場することになった。

 男子ゴルフの松山英樹(24)が3日(日本時間4日)、代表選出が確実視されていたリオ五輪への出場辞退を表明した。世界選手権シリーズのブリヂストン招待最終日が行われた米オハイオ州アクロンのコースで報道陣に対応した松山は「虫刺されのアレルギーがあり、治安の問題もある。いろいろ考えた中で、難しい決断だった」と現地で流行しているジカ熱、犯罪発生率の高さに懸念を示した。

 松山は虫刺されで痛い目に遭った過去がある。プロ1年目の13年には口元が腫れ上がり、今年6月の「全米オープン」では腕が腫れて患部にテーピングをしてプレーした。

 出場すればメダル取りが有力視されていた松山は「普通にプレーできるのであれば問題ないですけど(現地に)行って腫れてプレーできなくなったら良くないと思いました」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る