ジカ熱、治安不安だけじゃない 松山“リオ五輪辞退”の真相

公開日: 更新日:

 日本のトッププロが五輪を欠場することになった。

 男子ゴルフ松山英樹(24)が3日(日本時間4日)、代表選出が確実視されていたリオ五輪への出場辞退を表明した。世界選手権シリーズのブリヂストン招待最終日が行われた米オハイオ州アクロンのコースで報道陣に対応した松山は「虫刺されのアレルギーがあり、治安の問題もある。いろいろ考えた中で、難しい決断だった」と現地で流行しているジカ熱、犯罪発生率の高さに懸念を示した。

 松山は虫刺されで痛い目に遭った過去がある。プロ1年目の13年には口元が腫れ上がり、今年6月の「全米オープン」では腕が腫れて患部にテーピングをしてプレーした。

 出場すればメダル取りが有力視されていた松山は「普通にプレーできるのであれば問題ないですけど(現地に)行って腫れてプレーできなくなったら良くないと思いました」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る