• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジカ熱、治安不安だけじゃない 松山“リオ五輪辞退”の真相

 日本のトッププロが五輪を欠場することになった。

 男子ゴルフの松山英樹(24)が3日(日本時間4日)、代表選出が確実視されていたリオ五輪への出場辞退を表明した。世界選手権シリーズのブリヂストン招待最終日が行われた米オハイオ州アクロンのコースで報道陣に対応した松山は「虫刺されのアレルギーがあり、治安の問題もある。いろいろ考えた中で、難しい決断だった」と現地で流行しているジカ熱、犯罪発生率の高さに懸念を示した。

 松山は虫刺されで痛い目に遭った過去がある。プロ1年目の13年には口元が腫れ上がり、今年6月の「全米オープン」では腕が腫れて患部にテーピングをしてプレーした。

 出場すればメダル取りが有力視されていた松山は「普通にプレーできるのであれば問題ないですけど(現地に)行って腫れてプレーできなくなったら良くないと思いました」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る