• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強豪が続々辞退…五輪ゴルフ“大失敗”招いたIOCの放任主義

 このままなら4年後の東京五輪が最後の開催となりそうだ。

 松山英樹(24)が、リオ五輪出場辞退を表明した。多くのプロが辞退の理由を「ジカ熱」としているが、カネにもならない大会に無理をしてまで出たくないというのが本音だろう。世界ランクトップのJ・デイ、同4位のR・マキロイら、相次ぐトッププロの欠場で112年ぶりに復活したゴルフ自体の注目度が下がるのは間違いない。

 そもそも五輪はテレビの放映権料なしでは成り立たない。リオ五輪の放映権料は12億2600万ドル(約1250億円)にのぼる。そのため柔道やバレーボール、アーチェリー、近代五種、トライアスロンなど、テレビ中継用にルールを変更して試合時間を短縮し、生き残りを図ってきた。

 ところがゴルフは朝から夕方まで4日間行われ、雨や雷で中断することもあり、最もテレビ中継に向かない競技といわれている。それなのに五輪では通常のトーナメント同様4日間72ホールのストロークプレーで行われる。その結果、米ツアーに参戦しているプロにとっては、過密スケジュールとなり、多くの辞退者を出すことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る