強豪が続々辞退…五輪ゴルフ“大失敗”招いたIOCの放任主義

公開日:  更新日:

 このままなら4年後の東京五輪が最後の開催となりそうだ。

 松山英樹(24)が、リオ五輪出場辞退を表明した。多くのプロが辞退の理由を「ジカ熱」としているが、カネにもならない大会に無理をしてまで出たくないというのが本音だろう。世界ランクトップのJ・デイ、同4位のR・マキロイら、相次ぐトッププロの欠場で112年ぶりに復活したゴルフ自体の注目度が下がるのは間違いない。

 そもそも五輪はテレビの放映権料なしでは成り立たない。リオ五輪の放映権料は12億2600万ドル(約1250億円)にのぼる。そのため柔道やバレーボール、アーチェリー、近代五種、トライアスロンなど、テレビ中継用にルールを変更して試合時間を短縮し、生き残りを図ってきた。

 ところがゴルフは朝から夕方まで4日間行われ、雨や雷で中断することもあり、最もテレビ中継に向かない競技といわれている。それなのに五輪では通常のトーナメント同様4日間72ホールのストロークプレーで行われる。その結果、米ツアーに参戦しているプロにとっては、過密スケジュールとなり、多くの辞退者を出すことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る