強豪が続々辞退…五輪ゴルフ“大失敗”招いたIOCの放任主義

公開日: 更新日:

 このままなら4年後の東京五輪が最後の開催となりそうだ。

 松山英樹(24)が、リオ五輪出場辞退を表明した。多くのプロが辞退の理由を「ジカ熱」としているが、カネにもならない大会に無理をしてまで出たくないというのが本音だろう。世界ランクトップのJ・デイ、同4位のR・マキロイら、相次ぐトッププロの欠場で112年ぶりに復活したゴルフ自体の注目度が下がるのは間違いない。

 そもそも五輪はテレビの放映権料なしでは成り立たない。リオ五輪の放映権料は12億2600万ドル(約1250億円)にのぼる。そのため柔道やバレーボール、アーチェリー、近代五種、トライアスロンなど、テレビ中継用にルールを変更して試合時間を短縮し、生き残りを図ってきた。

 ところがゴルフは朝から夕方まで4日間行われ、雨や雷で中断することもあり、最もテレビ中継に向かない競技といわれている。それなのに五輪では通常のトーナメント同様4日間72ホールのストロークプレーで行われる。その結果、米ツアーに参戦しているプロにとっては、過密スケジュールとなり、多くの辞退者を出すことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る