ジカ熱で続々不参加のリオ五輪ゴルフ 米プロ辞退ゼロなぜ

公開日: 更新日:

 出場辞退が相次いでいるリオ五輪の男子ゴルフ。当初、出場に前向きだった世界ランク1位のジェイソン・デイ(28=豪州)も不参加の意思を表明した。

 主な辞退者は12人にのぼるが、いずれも米国人以外の選手。A・スコット、M・リーシュマンは豪州。R・マキロイ、G・マクドウェルは北アイルランドでS・ローリーはアイルランド。L・ウェストヘーゼン、C・シュワーツェル、B・グレースは南アフリカ。S・ガルシアとM・ヒメネスはスペイン。V・シンはフィジーといった具合。そして、その大半が辞退の理由として「ジカ熱」を挙げているのだ。

■米国人プロの8割はフロリダ在住

 米ゴルフ事情に詳しいライターの吉川英三郎氏が「ジカ熱は単なる言い訳にすぎません」とこう続ける。

「ジカ熱感染を避けなければならないのは女性なのに、女子ゴルフの辞退者はまだ1人も出ていません。8月の南米は冬ですし、世界保健機関も『リスクは極めて低い』という声明を出しています。辞退者続出の一番の理由は、A・スコットが言う過密スケジュールでしょう。リオ五輪前のメジャー3試合と五輪後のプレーオフシリーズを考えたら、とても五輪に出場している余裕はありません。ニューヨークからリオまでは直行便でも10時間かかる。疲れが残ったまま、長距離移動を繰り返すのはきつい。治安の問題やチャーター機の手配、費用もバカになりません。賞金も出ず、A・スコットが『エキシビション』と言った五輪にそこまでリスクを冒して出場する価値があるかどうか。これだけ辞退者が相次げば、ますます出場する意味がなくなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る