不振ヤンキース “170キロ守護神”チャップマン放出の理由

公開日:  更新日:

 不振が続く人気球団が、ついに動いた。

 ヤンキースは25日(日本時間26日)、守護神のアロルディス・チャップマン(28)との交換でカブスから4人の選手を獲得したと発表。1-4の大型トレードでカブスからはアダム・ウォーレン投手、グレイバー・トーレス内野手、ビリー・マッキーニー、リチャード・クロフォードの両外野手が移籍する。

 ヤンキースは開幕から低迷し、50勝48敗の勝率5割1分ながら首位オリオールズとは7.5ゲーム差のア・リーグ東地区4位。ポストシーズン進出の可能性を十分に残しながら守護神の放出に踏み切ったのは、昨季の最優秀救援投手賞(36セーブ)を受賞したアンドリュー・ミラーが今季も健在(6勝1敗、防御率1.45)だからだ。チーム再建を図るため、クローザーとの交換で若手有望株の獲得に踏み切った。

 直球の最速が170キロのチャップマンは昨オフ、レッズからトレードでヤンキースに移籍。昨季終了後に起こした内縁の妻へのDVが発覚し、MLBのDV規定違反により開幕から30試合の出場停止処分が科された。5月9日に復帰し、今季ここまで31試合で3勝0敗、20セーブ、防御率2.01。抜群の安定感を誇っていただけに、守護神が去った今季終盤戦は田中の白星にも影響しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る