中田翔、中村は今季不調 侍J・4番はベイ筒香でもう決まり

公開日:  更新日:

 DeNAの筒香嘉智(24)がまた打った。

 27日の中日戦。1-0の八回に「うまく押し込めた」と自画自賛の一発を右翼スタンドへ運んだ。今月13本目となる29号でトップのヤクルト山田に1本差。「投手陣が頑張ってくれていた。追加点になってよかった」と笑顔を見せた。4打数3安打で打率も.331とリーグ2位に浮上し、「もう本物。勝負あったね」と球界関係者の間ではもっぱらである。

 来年3月に開催される第4回WBCに臨む侍ジャパンの4番争いのことだ。筒香は、昨年の国際大会プレミア12で打率.385、5打点と活躍。大会後半から西武中村に代わって4番に座り、存在感を見せた。侍ジャパンの小久保監督は就任以来、「球界の将来を背負って立ってもらわなければ困る」と4番には日本ハムの中田翔(27)の名前を挙げていたが、その中田は今季、絶不調。この日の西武戦で8試合ぶりの15号を放ったが、打率.247と筒香とは大差がついた。西武の中村も今季は、打率.252の13本塁打。確かに「勝負あった」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る