• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中田翔、中村は今季不調 侍J・4番はベイ筒香でもう決まり

 DeNAの筒香嘉智(24)がまた打った。

 27日の中日戦。1-0の八回に「うまく押し込めた」と自画自賛の一発を右翼スタンドへ運んだ。今月13本目となる29号でトップのヤクルト山田に1本差。「投手陣が頑張ってくれていた。追加点になってよかった」と笑顔を見せた。4打数3安打で打率も.331とリーグ2位に浮上し、「もう本物。勝負あったね」と球界関係者の間ではもっぱらである。

 来年3月に開催される第4回WBCに臨む侍ジャパンの4番争いのことだ。筒香は、昨年の国際大会プレミア12で打率.385、5打点と活躍。大会後半から西武中村に代わって4番に座り、存在感を見せた。侍ジャパンの小久保監督は就任以来、「球界の将来を背負って立ってもらわなければ困る」と4番には日本ハムの中田翔(27)の名前を挙げていたが、その中田は今季、絶不調。この日の西武戦で8試合ぶりの15号を放ったが、打率.247と筒香とは大差がついた。西武の中村も今季は、打率.252の13本塁打。確かに「勝負あった」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る