3戦連続マルチHR ベイ筒香に“打撃専念”一塁コンバート案

公開日: 更新日:

 過去に何人もの教え子をプロ球界に輩出した横浜高元野球部長の小倉清一郎氏によれば、DeNAの筒香嘉智(24)には三冠王を取れる可能性があるという。日本人選手では過去に5人しか成し得ていない快挙を達成するだけのポテンシャルが筒香にはあるということだ。その潜在能力がいよいよ開花しつつある。

 22日の対巨人戦。同点の延長十二回1死から右翼席へ28号サヨナラ本塁打を放り込んだ。この日は左翼へ27号を放っていて、セでは史上初の3試合連続2本塁打。7月は12本塁打と打ちまくっている。現在、打撃部門を独占しているヤクルトの山田に本塁打で1本差に迫ったばかりか、打率は・328で2位、打点も66で3位につけて三冠王は射程圏だ。

 昨オフはプレミア12で全日本の4番を務めた後、ドミニカ共和国のウインターリーグに参戦。ほぼ無休で今季に臨んだ意欲が、結果に反映されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る