3戦連続マルチHR ベイ筒香に“打撃専念”一塁コンバート案

公開日: 更新日:

 過去に何人もの教え子をプロ球界に輩出した横浜高元野球部長の小倉清一郎氏によれば、DeNAの筒香嘉智(24)には三冠王を取れる可能性があるという。日本人選手では過去に5人しか成し得ていない快挙を達成するだけのポテンシャルが筒香にはあるということだ。その潜在能力がいよいよ開花しつつある。

 22日の対巨人戦。同点の延長十二回1死から右翼席へ28号サヨナラ本塁打を放り込んだ。この日は左翼へ27号を放っていて、セでは史上初の3試合連続2本塁打。7月は12本塁打と打ちまくっている。現在、打撃部門を独占しているヤクルトの山田に本塁打で1本差に迫ったばかりか、打率は・328で2位、打点も66で3位につけて三冠王は射程圏だ。

 昨オフはプレミア12で全日本の4番を務めた後、ドミニカ共和国のウインターリーグに参戦。ほぼ無休で今季に臨んだ意欲が、結果に反映されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る