逆転Vに可能性 日ハム中田がソフトB「つぶすしかない」

公開日:  更新日:

 パの2位・日本ハムが首位・ソフトバンクを猛追だ。

 7月31日、直接対決の同点の六回に中田が左中間フェンス直撃の適時二塁打。これが決勝点となった。直接対決勝ち越しを決め、ヒーローインタビューでソフトバンクに3ゲーム差に迫ったことを聞かれた中田は「ここまで来たからにはつぶすしかないと思っていますので」と涼しげに答えた。

 3点ビハインドの初回には、大谷が同点2ランを放つなど、1~3番がわずか5球で試合を振り出しに戻した。前日は矢野の押し出し死球でサヨナラ勝ち。この日は大谷と中田の活躍で首位を射程圏内に捉えた。

 これでソフトバンク戦は10勝6敗1分け。直接対決をあと8試合残すだけに、逆転優勝の可能性もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る