釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

ブラジル戦では五輪代表から“我慢”が伝わってこなかった

公開日:  更新日:

 もしブラジルの選手がもっと真剣にやっていれば、2失点では済まなかった。日本五輪代表の手倉森監督や選手は「メダルを狙う」と言っているが、自分たちの立ち位置をシビアに認識できたのは、貴重な経験になったんじゃないかな。

 リオ五輪グループリーグ初戦のナイジェリア戦が迫った。ブラジルとの一戦を、ただのメモリアルの試合にするのか、それとも強豪ナイジェリア戦に生かすのか、ひとえに日本の選手たちの心構えにかかっている。

 格上の相手と試合をする場合は「死に物狂い」でやらないといけない。

 よく言われることである。しかし、本当に「死に物狂い」でプレーすることを五輪代表の面々は経験したことがあるのだろうか。「実力の120%を出し切ります!」と彼らは言うだろう。

 でも、実力以上のモノを出そうと「シャカリキになる」と「死に物狂いでやる」とは、実は似て非なるモノなんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る