日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラジルに完敗 日本は選手起用も試合運びも“疑問”だらけ

 リオ五輪で「48年ぶりのメダルを本気で狙う」と公言する手倉森誠監督率いる日本五輪代表が7月31日、ゴイアニアで五輪開催国ブラジルの五輪代表とテストマッチ(現地時間30日午後4時半キックオフ)を行い、0対2のスコア以上に低調な内容で完敗した。

 ブラジルは、23歳以下の年齢制限のないOA(オーバーエージ)枠として、フル代表のエースFWネイマール(24)を擁し、23歳以下選手もフランスのパリSGの主力DFマルキーニョス、イタリアのラツィオで背番号10を背負うMFアンデルソン、スペインのバルセロナ所属MFラフィーニャら、フル代表歴のある選手がスタメンにズラリ。

 海外組がオーストリアのザルツブルクのMF南野だけしかおらず、背番号10が、所属するFC東京の控えに甘んじているMF中島……という日本代表との力の差は歴然。それが試合内容にハッキリと出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事