リオ五輪サッカーOA枠 興梠慎三に“無欲&人見知り”の不安

公開日: 更新日:

 リオ五輪代表のオーバーエージ(OA)枠3選手の中で、最も期待されている選手が浦和FW興梠慎三(29)である。五輪代表の攻撃系選手であるFW浅野(広島)、欧州組のFW南野(ザルツブルク)、FW久保(ヤングボーイズ)は、いずれも華奢で俊敏性で勝負するタイプ。かねて手倉森監督が欲しがっていた「前線でどっしり構えてポストプレーをこなせるFW」として白羽の矢が立ったのが、まさに興梠だったからである。「しかし、興梠には欠点が少なくない」と某サッカー記者がこう言う。

「ストライカーとしての資質は高いのに欲がなさ過ぎる。広島のFW佐藤が話していましたが、日本代表合宿で一緒だった時に『ゴール前でチームメートにパスを出してないで、もっと貪欲にゴールを狙ったらどうか。Jリーグ得点王も狙えるのにもったいない』とハッパをかけても『いや、得点王とか自分、イイんです……』と消極的な答えしか返ってこない。五輪代表の“助っ人”点取り屋としてゴールを期待できるのか、非常に心もとない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る