リオ五輪サッカーOA枠 興梠慎三に“無欲&人見知り”の不安

公開日:  更新日:

 リオ五輪代表のオーバーエージ(OA)枠3選手の中で、最も期待されている選手が浦和FW興梠慎三(29)である。五輪代表の攻撃系選手であるFW浅野(広島)、欧州組のFW南野(ザルツブルク)、FW久保(ヤングボーイズ)は、いずれも華奢で俊敏性で勝負するタイプ。かねて手倉森監督が欲しがっていた「前線でどっしり構えてポストプレーをこなせるFW」として白羽の矢が立ったのが、まさに興梠だったからである。「しかし、興梠には欠点が少なくない」と某サッカー記者がこう言う。

「ストライカーとしての資質は高いのに欲がなさ過ぎる。広島のFW佐藤が話していましたが、日本代表合宿で一緒だった時に『ゴール前でチームメートにパスを出してないで、もっと貪欲にゴールを狙ったらどうか。Jリーグ得点王も狙えるのにもったいない』とハッパをかけても『いや、得点王とか自分、イイんです……』と消極的な答えしか返ってこない。五輪代表の“助っ人”点取り屋としてゴールを期待できるのか、非常に心もとない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る