競り合いに強さ リオ代表CB植田はヘディングで家が建つ?

公開日:  更新日:

 ブラジル中南部アラカジュで合宿中のリオ五輪サッカー男子代表。現在は午前と午後の2部練習を行い、現地27日の地元クラブとの練習試合を通してコンディションを上げていく。五輪チームの中で目を引くのが、鹿島所属のレギュラーCB植田直通(21)である。

 熊本・大津高を卒業して鹿島入り、2年目の14年シーズンから主力に定着し、身長186センチ、体重77キロの恵まれたフィジカルと驚異的なジャンプ力でヘディングの競り合いに無類の強さを誇る。

 さらに50メートルを6秒1で走る「速さ」も兼ね備え、万能型CBとしてハリルホジッチ日本代表監督も高く評価。リオ五輪が終われば日本代表にレギュラー格として引き上げられるといわれている。

「植田本人は高校時代から海外志向が強く、15年にドイツ、スペインなど海外と太いパイプを持っている敏腕代理人のやっているエージェントと契約を結んでいる。Jリーグ終了後、欧州移籍マーケットの開く来年1月の欧州行きを本気で狙っている」(サッカー専門誌関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る