競り合いに強さ リオ代表CB植田はヘディングで家が建つ?

公開日: 更新日:

 ブラジル中南部アラカジュで合宿中のリオ五輪サッカー男子代表。現在は午前と午後の2部練習を行い、現地27日の地元クラブとの練習試合を通してコンディションを上げていく。五輪チームの中で目を引くのが、鹿島所属のレギュラーCB植田直通(21)である。

 熊本・大津高を卒業して鹿島入り、2年目の14年シーズンから主力に定着し、身長186センチ、体重77キロの恵まれたフィジカルと驚異的なジャンプ力でヘディングの競り合いに無類の強さを誇る。

 さらに50メートルを6秒1で走る「速さ」も兼ね備え、万能型CBとしてハリルホジッチ日本代表監督も高く評価。リオ五輪が終われば日本代表にレギュラー格として引き上げられるといわれている。

「植田本人は高校時代から海外志向が強く、15年にドイツ、スペインなど海外と太いパイプを持っている敏腕代理人のやっているエージェントと契約を結んでいる。Jリーグ終了後、欧州移籍マーケットの開く来年1月の欧州行きを本気で狙っている」(サッカー専門誌関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る