• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドタバタ退任騒動で非難殺到 常葉菊川・森下監督の“素性”

 とんでもない話ではないか。27日に静岡大会を制し、3年ぶり5度目の甲子園出場を決めた常葉菊川の森下知幸監督(55)が歓喜から一夜明けた28日午前になって突然、退任を表明。学校側によれば、甲子園での指揮は高橋利和副部長が執り、森下監督は県内のライバル私立校である御殿場西の監督に就任する、というのである。

「森下監督は07年春のセンバツ甲子園で全国制覇を果たした名将ですが、8月1日付で御殿場西に転職する契約を結んでいたというのですからヒド過ぎます。甲子園に行くぞっ! と選手の尻を叩きながら、自分はハナから8月7日に開幕する甲子園に行くつもりも、行けるとも思っていなかったということですからね。選手には自分の転職を一切伝えず、『なかなか言えずに申し訳なかった』と頭を下げていましたが、言えるわけがありません。高野連関係者もカンカンです」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る