釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

ナイジェリアとの“ドツキ合い”に乗ったマネジメントに疑問

公開日:  更新日:

 日本五輪代表選手たちも、頭の中では分かっていたはずだ。アフリカ系選手独特の体の動きだったり、体の入れ方だったり、そして「届かない」と思ってもスッと伸びてくる長い足──。

 きちんと対応できていなかった。ボールを奪われ、奪えないことが「恐怖」となり、判断スピードも鈍っていった。こうしたことが重なり、単純なミスを繰り返した。リードされ、追い付いた時のチームマネジメントに疑問が残った。

 取られた、取った、の繰り返しで“ノーガードのドツキ合い”みたいになったが、0―1から同点に、1―2から同点に追い付いた時、「試合を落ち着かせる」ことが必要だった。彼我のフィジカルの差を思えば、ドツキ合いは絶対に避けなければならなかった。

 我慢して、とにかく我慢して、ナイジェリアの攻撃をはね返すことを第一に考えるべきだった。同点の時間を長く保つことで、試合の流れを引き寄せたかった。同点に追い付いた! よし! リードしてやるぞ! で守備がもろくなり、点差が広がっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る