• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イ・ボミ早くも今季3勝目 “世界一稼ぐ女子プロ”に現実味

【meijiカップ】

 いったい、いくら稼ぐのか――。最終日は首位タイ発進のイ・ボミ(27)が4バーディー、2ボギーの70で回り、通算10アンダーで今季3勝目。史上最速の14試合目で獲得賞金1億円を突破した。

 昨季、男子を含めた日本ツアー史上最高額の約2億3049万円を稼いで初の賞金女王に輝いた。今季はすでに米ツアーで6万2905ドル(約641万円)を稼いでおり、国内ツアーは残り16試合あることから、昨年並みの賞金を稼ぐ可能性は十分ある。

 副収入もデカい。国内ツアー一の人気を誇るイ・ボミは、今年から新たに3社とスポンサー契約を結んだ。契約企業は計12社に上り、宮里藍(31)が10年に契約した9社を上回る。スポンサー料はインセンティブ契約などを含めると、2億円とも3億円ともいわれる。賞金を含めれば4億5000万円から5億5000万円くらいか。このほか、副賞の高級自動車や写真集、著書の印税、メディア出演料を加えれば、6億円を超す計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  9. 9

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る