• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB今季最悪の5連敗 工藤監督の動揺が選手に“伝染”

 大将がオタオタしているようでは勝負にならない。

「常勝球団」の面影はどこへやら。11日のオリックス戦で今季2度目の同一カード3タテを食らったソフトバンク。5位チームに1度も勝てず、今季ワーストの5連敗だ。

 もっか後半戦は9勝10敗。貯金が28あるとはいえ、2位日本ハムとは3ゲームしか離れていない。

 工藤監督は「正念場はまだ先」と話すが、言葉とは裏腹に打順はコロコロと替えている。それでも3番柳田、4番内川は不動かと思われたが、オリックスとの初戦を落とすや翌10日から柳田を1番で起用。この日は先制2点適時打を打つも、勝利には結びつかなかった。

 工藤監督は負けが込んでいた7月上旬も松田を1番に据えるなどアタフタした。指揮官が現役時代に所属し、常勝球団といわれた黄金期の西武と比べて、ベンチワークはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る