日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB今季最悪の5連敗 工藤監督の動揺が選手に“伝染”

 大将がオタオタしているようでは勝負にならない。

「常勝球団」の面影はどこへやら。11日のオリックス戦で今季2度目の同一カード3タテを食らったソフトバンク。5位チームに1度も勝てず、今季ワーストの5連敗だ。

 もっか後半戦は9勝10敗。貯金が28あるとはいえ、2位日本ハムとは3ゲームしか離れていない。

 工藤監督は「正念場はまだ先」と話すが、言葉とは裏腹に打順はコロコロと替えている。それでも3番柳田、4番内川は不動かと思われたが、オリックスとの初戦を落とすや翌10日から柳田を1番で起用。この日は先制2点適時打を打つも、勝利には結びつかなかった。

 工藤監督は負けが込んでいた7月上旬も松田を1番に据えるなどアタフタした。指揮官が現役時代に所属し、常勝球団といわれた黄金期の西武と比べて、ベンチワークはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事