内川が腰痛で欠場 ソフトBの頼みは“お祭り男”松田の復調

公開日:  更新日:

 まさに泣きっ面にハチである。

 14日、ソフトバンクはロッテにサヨナラ負け。2位日本ハムが勝ったことで、ついに2ゲーム差に詰め寄られた。

 ただでさえ、チーム状態が悪い上に、この日は腰痛を抱えていた4番の内川が今季初めて欠場。工藤監督は「経過を見るけど、しばらくは分からない。何日くらいになるかの度合いによって、無理であれば……」と、登録抹消も示唆した。

 やむなく吉村を代役4番に立てたものの、クリーンアップがわずかヒット1本では、勝てるものも勝てない。中でも不調にあえいでいるのが、5番に座る松田(33)だ。

 もっか打率.260。この日はクリーンアップ唯一の安打を二回に打ったものの、八回のチャンスの場面では内野フライに倒れた。

 松田は自他共に認める、「お祭り男」。チームメートにも慕われ、「マッチが打つと、ベンチが盛り上がる」と話す選手は1人や2人じゃない。内川がダメならば、せめて松田が復調してくれれば……というのが、球団の願いなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る