内川が腰痛で欠場 ソフトBの頼みは“お祭り男”松田の復調

公開日:  更新日:

 まさに泣きっ面にハチである。

 14日、ソフトバンクはロッテにサヨナラ負け。2位日本ハムが勝ったことで、ついに2ゲーム差に詰め寄られた。

 ただでさえ、チーム状態が悪い上に、この日は腰痛を抱えていた4番の内川が今季初めて欠場。工藤監督は「経過を見るけど、しばらくは分からない。何日くらいになるかの度合いによって、無理であれば……」と、登録抹消も示唆した。

 やむなく吉村を代役4番に立てたものの、クリーンアップがわずかヒット1本では、勝てるものも勝てない。中でも不調にあえいでいるのが、5番に座る松田(33)だ。

 もっか打率.260。この日はクリーンアップ唯一の安打を二回に打ったものの、八回のチャンスの場面では内野フライに倒れた。

 松田は自他共に認める、「お祭り男」。チームメートにも慕われ、「マッチが打つと、ベンチが盛り上がる」と話す選手は1人や2人じゃない。内川がダメならば、せめて松田が復調してくれれば……というのが、球団の願いなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る