初戦で消えた連続メダル バレー女子準々決勝は米国と対決

公開日: 更新日:

 最後のひと枠をもぎ取った。

 日本時間15日、リオ五輪女子バレーボール日本代表は1次リーグ最終戦で、互いに1勝3敗で迎えたアルゼンチンにストレート勝ち。勝った方が準々決勝に進出できる直接対決をモノにした。

 しかし、予選4位通過の日本が準々決勝で当たるのは世界ランク1位の米国。予選で5勝0敗と圧倒的な強さを誇る。メダル争いをするためには、米国をはじめとする強豪国と当たらないことが前提。つまり、グループ4位の時点で前回ロンドンの銅に続くメダルはほとんど絶望的なのだ。実力が拮抗する韓国に1次リーグ初戦で敗れたことがやはり、痛恨だった。

 試合後、主将の木村沙織(29)は次戦について「ボールがコートに落ちるまで頑張りたい」と前を向いたが、メダルへの道は厳しく険しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  3. 3

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  4. 4

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  5. 5

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  6. 6

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

  10. 10

    三菱重工業<上>創業の地「長崎」から造船の灯が消える日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る