• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初戦で消えた連続メダル バレー女子準々決勝は米国と対決

投稿日:  更新日:

 最後のひと枠をもぎ取った。

 日本時間15日、リオ五輪女子バレーボール日本代表は1次リーグ最終戦で、互いに1勝3敗で迎えたアルゼンチンにストレート勝ち。勝った方が準々決勝に進出できる直接対決をモノにした。

 しかし、予選4位通過の日本が準々決勝で当たるのは世界ランク1位の米国。予選で5勝0敗と圧倒的な強さを誇る。メダル争いをするためには、米国をはじめとする強豪国と当たらないことが前提。つまり、グループ4位の時点で前回ロンドンの銅に続くメダルはほとんど絶望的なのだ。実力が拮抗する韓国に1次リーグ初戦で敗れたことがやはり、痛恨だった。

 試合後、主将の木村沙織(29)は次戦について「ボールがコートに落ちるまで頑張りたい」と前を向いたが、メダルへの道は厳しく険しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る