初戦で消えた連続メダル バレー女子準々決勝は米国と対決

公開日:  更新日:

 最後のひと枠をもぎ取った。

 日本時間15日、リオ五輪女子バレーボール日本代表は1次リーグ最終戦で、互いに1勝3敗で迎えたアルゼンチンにストレート勝ち。勝った方が準々決勝に進出できる直接対決をモノにした。

 しかし、予選4位通過の日本が準々決勝で当たるのは世界ランク1位の米国。予選で5勝0敗と圧倒的な強さを誇る。メダル争いをするためには、米国をはじめとする強豪国と当たらないことが前提。つまり、グループ4位の時点で前回ロンドンの銅に続くメダルはほとんど絶望的なのだ。実力が拮抗する韓国に1次リーグ初戦で敗れたことがやはり、痛恨だった。

 試合後、主将の木村沙織(29)は次戦について「ボールがコートに落ちるまで頑張りたい」と前を向いたが、メダルへの道は厳しく険しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る