銅を逃したサニア・ミルザはインドの“お騒がせ”アイドル

公開日:  更新日:

 インドの妖精は惜しくも銅メダルを逃した──。

 リオ五輪テニスのミックスダブルス3位決定戦でチェコのペアにストレート負けしたサニア・ミルザ(29)。

 インドの国民的アイドルは、シングルスでも自己最高27位(07年)の実力を持つが、得意はダブルス。09年全豪ではマヘシュ・ブパシと組み、インド人女性としてグランドスラム初制覇。昨年はマルチナ・ヒンギスとのペアでウィンブルドンなど10勝。ダブルス世界ランク1位となった。

 彼女をめぐっては“論争”も多い。09年に幼馴染みの大富豪との婚約を破棄すると、翌年パキスタンのクリケット選手ショアイブ・マリク(現在の夫)と結婚。だが、マリクには妻がいたため“略奪婚”と叩かれた。「露出」の多いウエアを「イスラム教徒にふさわしくない」と非難されたり、宗教的に対立するイスラエルの選手とペアを組んで批判されたこともある。

 リオ後も“コート内外”のミルザに注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る