• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織が「銅」…過去9敗の“天敵”ナダル破り96年ぶりメダル

 リオ五輪テニス男子シングルスで錦織圭(26)がR・ナダル(スペイン)との3時間に及ぶ3位決定戦を制し、日本に96年ぶりのメダルをもたらした。

 第1セットを6-2で奪った錦織は、第2セットも相手サーブをブレーク。5-2と銅メダルまであと1ゲームまで迫った。ところが、そこからナダルの逆襲を許し、タイブレーク(7点先取で勝利)に持ち込まれ1-7と圧倒された。

「第2セットで大逆転されたことを引きずり、普通なら負けパターンです。しかも錦織は大事な場面でダブルフォールトを犯したり、相手のチャレンジが成功したりと、流れはナダルに傾いていた。それでも第3セットの前には、しっかり気持ちを立て直して勝った。錦織はシングルスだけの出場だったが、ナダルはダブルスにも出て金メダルを獲得しており、体力的には錦織の方が有利だった。とはいえ、銅メダルを取ったことは、世界ランク1、2位のジョコビッチ、 マレーに次ぐ実力者であることを示したと思う」(テニスジャーナリスト・塚越亘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る