錦織が「銅」…過去9敗の“天敵”ナダル破り96年ぶりメダル

公開日:  更新日:

 リオ五輪テニス男子シングルスで錦織圭(26)がR・ナダル(スペイン)との3時間に及ぶ3位決定戦を制し、日本に96年ぶりのメダルをもたらした。

 第1セットを6-2で奪った錦織は、第2セットも相手サーブをブレーク。5-2と銅メダルまであと1ゲームまで迫った。ところが、そこからナダルの逆襲を許し、タイブレーク(7点先取で勝利)に持ち込まれ1-7と圧倒された。

「第2セットで大逆転されたことを引きずり、普通なら負けパターンです。しかも錦織は大事な場面でダブルフォールトを犯したり、相手のチャレンジが成功したりと、流れはナダルに傾いていた。それでも第3セットの前には、しっかり気持ちを立て直して勝った。錦織はシングルスだけの出場だったが、ナダルはダブルスにも出て金メダルを獲得しており、体力的には錦織の方が有利だった。とはいえ、銅メダルを取ったことは、世界ランク1、2位のジョコビッチ、 マレーに次ぐ実力者であることを示したと思う」(テニスジャーナリスト・塚越亘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る