女子ハンマー投げ世界新 ブウォダルチクの“大食い伝説”

公開日: 更新日:

 東欧の大魔女が再び伝説をうちたてた──。

 リオ五輪の女子ハンマー投げで世界記録を更新し、初の五輪金メダルを獲得したポーランドのアニタ・ブウォダルチク(31)。2位の張文秀(30=中国)に5メートル54の大差をつける圧勝だった。

 2投目で早くも80メートル超えの大投てきを見せ、エンジンがかかってきた3投目。178センチ、95キロの大きな体から、リオの空に放たれた黄金色のハンマーは、飛んで、飛んで、黄色い世界記録ラインを大きく越えた。自身の持つ世界記録を1メートル21も上回る82メートル29の記録が発表されると跳び上がって喜びを表した。

 残された大きなバリアー――女子ハンマー投げの“80メートル”は長年そう言われてきた。破ったのはブウォダルチクだった。昨年8月に母国ポーランドでマークした女子初の80メートル超えとなる81メートル08の投てきは、“伝説”といわれた。同月の世界選手権(北京)でも80メートル85を出し優勝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る