• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子ハンマー投げ世界新 ブウォダルチクの“大食い伝説”

 東欧の大魔女が再び伝説をうちたてた──。

 リオ五輪の女子ハンマー投げで世界記録を更新し、初の五輪金メダルを獲得したポーランドのアニタ・ブウォダルチク(31)。2位の張文秀(30=中国)に5メートル54の大差をつける圧勝だった。

 2投目で早くも80メートル超えの大投てきを見せ、エンジンがかかってきた3投目。178センチ、95キロの大きな体から、リオの空に放たれた黄金色のハンマーは、飛んで、飛んで、黄色い世界記録ラインを大きく越えた。自身の持つ世界記録を1メートル21も上回る82メートル29の記録が発表されると跳び上がって喜びを表した。

 残された大きなバリアー――女子ハンマー投げの“80メートル”は長年そう言われてきた。破ったのはブウォダルチクだった。昨年8月に母国ポーランドでマークした女子初の80メートル超えとなる81メートル08の投てきは、“伝説”といわれた。同月の世界選手権(北京)でも80メートル85を出し優勝。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る