セ最下位中日に6回113球 G菅野1カ月ぶり“試運転”で7勝目

公開日: 更新日:

「月に1回しか勝っていないので、すごく久しぶりの感じ。自分自身のことより、チーム状態がいいので波に乗れるようにと思って投げました」

 左足親指の負傷から復帰したばかりの巨人菅野智之(26)が、16日の対中日戦で7月9日以来となる7勝目を挙げてこう言った。

 6回を投げて4安打無失点、7奪三振。得点は許さなかったものの、試合後の本人が「(左足の状態は)まだ100%ではない」と言う通り、完全復活とは言い難い内容だった。四回にボール球が多くなるなど、6回を投げるのに113球も費やしたのが何よりの証し。球数は9回を投げ切って完投負けの吉見とまったく同じだった。

 それより何より、相手はいま、セのどん尻に低迷する中日。谷繁監督を途中解任した翌日の10日から5連敗中、ここ5試合は3点以上取っていないチームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る