セ最下位中日に6回113球 G菅野1カ月ぶり“試運転”で7勝目

公開日: 更新日:

「月に1回しか勝っていないので、すごく久しぶりの感じ。自分自身のことより、チーム状態がいいので波に乗れるようにと思って投げました」

 左足親指の負傷から復帰したばかりの巨人菅野智之(26)が、16日の対中日戦で7月9日以来となる7勝目を挙げてこう言った。

 6回を投げて4安打無失点、7奪三振。得点は許さなかったものの、試合後の本人が「(左足の状態は)まだ100%ではない」と言う通り、完全復活とは言い難い内容だった。四回にボール球が多くなるなど、6回を投げるのに113球も費やしたのが何よりの証し。球数は9回を投げ切って完投負けの吉見とまったく同じだった。

 それより何より、相手はいま、セのどん尻に低迷する中日。谷繁監督を途中解任した翌日の10日から5連敗中、ここ5試合は3点以上取っていないチームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  2. 2

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  5. 5

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  6. 6

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  7. 7

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  8. 8

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  9. 9

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  10. 10

    南正人さんに「このままでは店が潰れる」と言った

もっと見る