• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セ最下位中日に6回113球 G菅野1カ月ぶり“試運転”で7勝目

「月に1回しか勝っていないので、すごく久しぶりの感じ。自分自身のことより、チーム状態がいいので波に乗れるようにと思って投げました」

 左足親指の負傷から復帰したばかりの巨人の菅野智之(26)が、16日の対中日戦で7月9日以来となる7勝目を挙げてこう言った。

 6回を投げて4安打無失点、7奪三振。得点は許さなかったものの、試合後の本人が「(左足の状態は)まだ100%ではない」と言う通り、完全復活とは言い難い内容だった。四回にボール球が多くなるなど、6回を投げるのに113球も費やしたのが何よりの証し。球数は9回を投げ切って完投負けの吉見とまったく同じだった。

 それより何より、相手はいま、セのどん尻に低迷する中日。谷繁監督を途中解任した翌日の10日から5連敗中、ここ5試合は3点以上取っていないチームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る