決勝で力尽きるも 北海エース大西が2年越し“リベンジ”

公開日:  更新日:

 今大会で、大番狂わせを演じた北海(南北海道)。文字通り、「腕も折れよ」と力投したのがエースの大西健斗(3年)だ。

 昨夏の大会では開会式直後の初戦で鹿児島実(鹿児島)に4-18でボロ負けした。大西は五回から途中登板し、1死も奪えぬまま3失点でKO。49校の中で一番最初に甲子園を去った。

 屈辱をバネに、今夏は決勝戦まで527球を熱投。3回戦の日南(宮崎)戦後からは、右ヒジに痛み止めの注射を打ちながらも投げ続けた。

 最後の作新(栃木)戦では微妙な判定に泣かされたこともあり、四回途中5失点で降板。それでも大西は、「ここまで来られたことが素晴らしい」と胸を張る。

 昨夏は真っ先に甲子園を去ったが、今夏は閉会式にも出席。2年越しのリベンジを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る