ネット裏怪情報 後半に息切れしたヘビースモーカーエース

公開日: 更新日:

 某出場校のエースは地元野球関係者の間でも有名なヘビースモーカーとか。

 地元で有名なくらいだから、学校関係者にバレたのも1回や2回ではない。4回も5回も見つかって、特に野球部長はそのたびにやめるよう口を酸っぱくして言い聞かせたらしいが、エースは聞く耳を持たなかった。そうこうするうちに部長も監督もあきらめたというか、黙認するようになったらしい。

 このエース、中学時代から素行に問題のある札付きだったという。学力関係なしで学費、寮費に限らず、小遣いまで用意して特待生をかき集める関東の強豪校ですら、獲得を見送ったほどだ。

「まず、人の目を見て話さないし、しょっちゅう人を食ったような態度を取る。野球部員ともうまくいっている様子はないね」とはアマチュア野球担当記者。

 そのエースは大激戦の末、最後に息切れして甲子園を去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る