創部3年目で甲子園へ 北北海道制した「クラーク」の正体

公開日: 更新日:

 創部3年目の快挙である。21日、北北海道大会決勝に臨んだ通信制のクラーク記念国際が3─0で滝川西を下し、初の甲子園出場を決めた。

 14年3月に閉校した駒大岩見沢を春夏合わせて12回甲子園に導いた佐々木啓司監督(60)が同年4月に就任。駒大岩見沢時代、「ヒグマ打線」をつくり上げた佐々木監督が掲げる打撃理論がある。「内角、真ん中、外角」「高め、真ん中、低め」それぞれのコースで自分のフォームをつくらせる「スリーライン打法」である。これを新天地でも継続した。スポーツライターの美山和也氏が言う。

「駒大岩見沢時代に取材した佐々木監督の打撃指導で印象深かったのは、ボール2個分外を打つ練習を繰り返していたこと。外角のスライダー全盛時代に、ボールゾーンに曲げられても、見送るのではなく、右打者なら右手を使ってヘッドを返さずに逆方向へはじき返す。監督の口癖は『とにかく外を打て』でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

  10. 10

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

もっと見る