• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

創部3年目で甲子園へ 北北海道制した「クラーク」の正体

 創部3年目の快挙である。21日、北北海道大会決勝に臨んだ通信制のクラーク記念国際が3─0で滝川西を下し、初の甲子園出場を決めた。

 14年3月に閉校した駒大岩見沢を春夏合わせて12回甲子園に導いた佐々木啓司監督(60)が同年4月に就任。駒大岩見沢時代、「ヒグマ打線」をつくり上げた佐々木監督が掲げる打撃理論がある。「内角、真ん中、外角」「高め、真ん中、低め」それぞれのコースで自分のフォームをつくらせる「スリーライン打法」である。これを新天地でも継続した。スポーツライターの美山和也氏が言う。

「駒大岩見沢時代に取材した佐々木監督の打撃指導で印象深かったのは、ボール2個分外を打つ練習を繰り返していたこと。外角のスライダー全盛時代に、ボールゾーンに曲げられても、見送るのではなく、右打者なら右手を使ってヘッドを返さずに逆方向へはじき返す。監督の口癖は『とにかく外を打て』でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る