ギャラリー増で大盛況 国内男子シニアツアーの“企業努力”

公開日:  更新日:

【ファンケルクラシック】(最終日)

 シニアツアーは首位タイ発進の4人が通算8アンダーで並び、18番を迎える大混戦。前年覇者の室田淳(61)が7メートルのイーグルパットを決め、通算10アンダーで大会2連覇を飾った。

 今年も2万877人のギャラリーが会場に詰め掛け、7年連続2万人超(3日間)。同じ日に大箱根CCで開催された女子ツアー「キャットレディス」の1万1044人(3日間)を大きく上回った。人気の秘密は何か。

「ゴルフファンだけでなく、ご家族で来ていただくため、体験型イベントを用意しています。健康チェックコーナーでは握力や骨の測定を行い、専門家が年齢や老化度に応じてアドバイスをします。お子さん用には動物と触れ合える広場があり、家族で楽しんでもらっています。お土産を期待される方もいます」(ファンケル広報部)

 大勢のギャラリーに加え、今年は賞金総額を6300万円から7200万円にアップ。選手はますますやる気になって大会の質も上がる。国内男子レギュラーツアーはスポンサー離れから、今週末まで1カ月間試合がないが、やり方次第でいくらでもファンは集まるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る