ギャラリー増で大盛況 国内男子シニアツアーの“企業努力”

公開日:  更新日:

【ファンケルクラシック】(最終日)

 シニアツアーは首位タイ発進の4人が通算8アンダーで並び、18番を迎える大混戦。前年覇者の室田淳(61)が7メートルのイーグルパットを決め、通算10アンダーで大会2連覇を飾った。

 今年も2万877人のギャラリーが会場に詰め掛け、7年連続2万人超(3日間)。同じ日に大箱根CCで開催された女子ツアー「キャットレディス」の1万1044人(3日間)を大きく上回った。人気の秘密は何か。

「ゴルフファンだけでなく、ご家族で来ていただくため、体験型イベントを用意しています。健康チェックコーナーでは握力や骨の測定を行い、専門家が年齢や老化度に応じてアドバイスをします。お子さん用には動物と触れ合える広場があり、家族で楽しんでもらっています。お土産を期待される方もいます」(ファンケル広報部)

 大勢のギャラリーに加え、今年は賞金総額を6300万円から7200万円にアップ。選手はますますやる気になって大会の質も上がる。国内男子レギュラーツアーはスポンサー離れから、今週末まで1カ月間試合がないが、やり方次第でいくらでもファンは集まるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る