思い切りの良さプラスに 笠りつ子“目標1億円”稼げるか?

公開日:  更新日:

【NEC軽井沢72】

 目標の1億円プレーヤーにまた一歩近づいた。5人が首位に並ぶ大混戦を制したのは、最終日に1打差6位発進の笠りつ子(28)だった。

 12番で単独トップに立つも、15番で3パットボギーをたたき、一時追いつかれる。しかし続く16、17番の連続バーディーを決めて13アンダーまでスコアを伸ばし、逆転で今季初勝利、ツアー通算4勝目を挙げた。

 今季は20試合中13試合でトップ10入りと、開幕から好調を維持。パーオン率70.7231%は4位(昨年14位)、平均パット数1.7890は9位(同34位)と昨年の数字を大きく上回っている。何が変わったのか。田原紘プロがこう言う。

「笠の良さは思い切りのいいところです。これまではそれがマイナスに出ることがあった。勝ちたい、勝ちたいという気持ちが前面に出るあまり、判断を間違えることがあったが、今年は計算しながら落ち着いてプレーしている。感情を抑えられるようになった。コースマネジメントが良くなった分、パーオン率が上がったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る