• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

思い切りの良さプラスに 笠りつ子“目標1億円”稼げるか?

【NEC軽井沢72】

 目標の1億円プレーヤーにまた一歩近づいた。5人が首位に並ぶ大混戦を制したのは、最終日に1打差6位発進の笠りつ子(28)だった。

 12番で単独トップに立つも、15番で3パットボギーをたたき、一時追いつかれる。しかし続く16、17番の連続バーディーを決めて13アンダーまでスコアを伸ばし、逆転で今季初勝利、ツアー通算4勝目を挙げた。

 今季は20試合中13試合でトップ10入りと、開幕から好調を維持。パーオン率70.7231%は4位(昨年14位)、平均パット数1.7890は9位(同34位)と昨年の数字を大きく上回っている。何が変わったのか。田原紘プロがこう言う。

「笠の良さは思い切りのいいところです。これまではそれがマイナスに出ることがあった。勝ちたい、勝ちたいという気持ちが前面に出るあまり、判断を間違えることがあったが、今年は計算しながら落ち着いてプレーしている。感情を抑えられるようになった。コースマネジメントが良くなった分、パーオン率が上がったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る