思い切りの良さプラスに 笠りつ子“目標1億円”稼げるか?

公開日:  更新日:

【NEC軽井沢72】

 目標の1億円プレーヤーにまた一歩近づいた。5人が首位に並ぶ大混戦を制したのは、最終日に1打差6位発進の笠りつ子(28)だった。

 12番で単独トップに立つも、15番で3パットボギーをたたき、一時追いつかれる。しかし続く16、17番の連続バーディーを決めて13アンダーまでスコアを伸ばし、逆転で今季初勝利、ツアー通算4勝目を挙げた。

 今季は20試合中13試合でトップ10入りと、開幕から好調を維持。パーオン率70.7231%は4位(昨年14位)、平均パット数1.7890は9位(同34位)と昨年の数字を大きく上回っている。何が変わったのか。田原紘プロがこう言う。

「笠の良さは思い切りのいいところです。これまではそれがマイナスに出ることがあった。勝ちたい、勝ちたいという気持ちが前面に出るあまり、判断を間違えることがあったが、今年は計算しながら落ち着いてプレーしている。感情を抑えられるようになった。コースマネジメントが良くなった分、パーオン率が上がったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る