• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪惨敗の男子ゴルフ 言い訳のオンパレードに識者が苦言

 リオ五輪に出場した日本代表の池田勇太(30)と片山晋呉(43)が17日帰国し、羽田空港で記者会見が行われた。会見では未練たらたら、2人とも言い訳ばかりだった。

「練習ラウンドと試合では風向きも気温もコンディションが全く変わった。世界でもあまりないような(コースの)造りで戸惑った」(54位・片山)

「風の洗礼を浴びた。トップは16アンダーだったが、その下は差が少しずつ開いていたので難しいコースだということ」(21位・池田)

 “お目付け役”の倉本昌弘強化委員長も成績不振の2人を弁護するように、「いい条件下にあたった選手は上位にきた。池田は難しいホールで雨が降りだし、片山はスコアが伸びそうな時に雨に当たった」と言った。

 もっとも、ゴルフという競技は天候に左右されるのは当たり前だ。スタート時間で運、不運は付きものだが、雨が降ろうが、風が吹こうが、どんなコンディションでもスコアを崩さない技術が池田にも片山にもなかっただけの話だ。それを帰国早々、傷をなめ合っているのだから情けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る