• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラストチャンスに燃えた “秋山2世”SB江川が昇格即活躍

 かつて「秋山2世」と呼ばれた男がチームの危機を救った。

 日本ハムに猛追されているソフトバンクは昨24日、本拠地で楽天と対戦。六回まで2安打しか打てず、ベンチには嫌なムードが漂い始めた。

 そんな打線に火を付けたのが、この日、一軍に昇格したばかりの江川智晃(29)だ。七回1死からソロ弾を放つと、打線は活性化。七、八回だけで5点を奪い、終わってみれば5-0の大勝だった。

 走攻守と三拍子揃い、「秋山(幸二)2世」と呼ばれた江川だが、ケガの多さと優しい性格が災いし、一軍定着はならず。今宮、中村、柳田といった自分より後に入団した選手に次々と追い抜かれていった。実績に乏しい29歳では、チャンスも残りわずか。心を鬼にして、後輩たちを蹴落とせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る