• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラストチャンスに燃えた “秋山2世”SB江川が昇格即活躍

 かつて「秋山2世」と呼ばれた男がチームの危機を救った。

 日本ハムに猛追されているソフトバンクは昨24日、本拠地で楽天と対戦。六回まで2安打しか打てず、ベンチには嫌なムードが漂い始めた。

 そんな打線に火を付けたのが、この日、一軍に昇格したばかりの江川智晃(29)だ。七回1死からソロ弾を放つと、打線は活性化。七、八回だけで5点を奪い、終わってみれば5-0の大勝だった。

 走攻守と三拍子揃い、「秋山(幸二)2世」と呼ばれた江川だが、ケガの多さと優しい性格が災いし、一軍定着はならず。今宮、中村、柳田といった自分より後に入団した選手に次々と追い抜かれていった。実績に乏しい29歳では、チャンスも残りわずか。心を鬼にして、後輩たちを蹴落とせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る