黒星に負傷まで…SB守護神サファテ“呪われた同点登板”

公開日:  更新日:

 嫌な予感がしたファンも多かったことだろう。

 23日の楽天戦で、1点ビハインドの八回1死三塁から、福田のキャッチャーゴロの間に三塁から牧原が生還し同点に追いついたソフトバンク。九回のマウンドは守護神サファテに託された。だが、サファテの今季5敗はすべて同点登板でのもの。案の定、今江、岡島に連打をくらい、続く松井稼、藤田は打ち取るも、嶋に右前打を許し2死満塁のピンチを招いた。

 しかし、ここで島内がサファテの前にボテボテのゴロを打ったから、誰もが3アウトと思った次の瞬間だった。

 捕球するためマウンドから下りたサファテが、傾斜で右足を滑らせ前のめりに転んだ。島内の打球は当たり損ねの二塁内野安打となり、三塁走者の今江がホームイン。楽天に凡打で勝ち越しを許したのだ。

 転んだサファテは右足を痛めて歩行ができず、腕を支えられてベンチに下がった。九回裏は楽天の松井裕が無失点に抑えてゲームセット。同点に弱いサファテは6敗目を喫した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る