• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトB城所をボロボロにしたセ・パ投手陣の“レベル差”

 あの活躍は何だったのか――そう言われても仕方のないのが、ソフトバンクの城所(30)だ。

 交流戦では12球団トップの打率.415。5本塁打、12打点と活躍し、交流戦MVPに輝いた。それが現在は打率.276。リーグ戦再開後に限れば、42打数4安打と打率1割を切っている。

 交流戦で「守備と走塁の選手」から脱却したように見えたものの、ライバル球団に徹底的に研究されているのか。城所本人に聞くと、「それもあると思いますけど……」と、ため息をついて多くを語らない。

 城所と同じく交流戦で活躍し、現在苦しんでいるパのある野手は「パの投手陣は『えぐい』としか言いようがない」と、こう続ける。

「投手のレベルが違いすぎますよ。パの先発にはセのように、『まずはゲームをつくることを第一に』なんて考える投手は、ほとんどいない。セットアッパーやストッパーみたいに、初回から全力で投げてくる。しかも、球速と球威もパの投手陣の方が断然上ですからね。パの野手の打率を見れば一目瞭然ですよ。規定打席に到達して、打率3割を超えているのはロッテの角中ひとりでしょ? つまり、そういうことなんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る