抗議が殺到…中日・落合GMのクビは平田&大島の去就次第

公開日:  更新日:

「次期監督の問題もあるけど、あの2人は中日に残るのかね?」

 ある中日OBがこう言う。「2人」とは、今季国内FA権を取得した平田良介(28)と大島洋平(30)のことだ。

 主将を務める平田は、打率.258、13本塁打、68打点と、前年より成績を落としているものの、中軸としてチームを牽引。大島は低迷する打線の中で唯一、打率3割をマークしている。若手が伸び悩むチームのなかで、2人の存在は必要不可欠といえる。

 2人はこれまでの契約更改で何度か揉めている。一昨年は調停の一歩手前までいったし、昨年も大島は一発サインしたものの、平田は一度、保留している。前出OBが言う。

「中日は一度出た金額は何度交渉しても変わらないし、落合GMは昨オフ、交渉の席に出てこなかった。上げてくれといっても意味がないから、折れざるを得なかったというのが本音だろう。大事なのは今年だ。中日は全力で引き留める方針だが、2人については複数球団が獲得に関心を持っているからね。金銭面でしかるべき条件を提示しないと、2人とも出ていってしまう可能性はある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る